Blog&column
ブログ・コラム

ガラスクリーニングの流れとは?

query_builder 2021/09/08
コラム
30
専門技術を持ったクリーニングのプロたちは、どのような流れでガラスクリーニングを行うのでしょうか。
今回は、ガラスクリーニングの流れについてご説明します。

ガラスクリーニングの流れ
ガラスクリーニングを行う際は、一連の流れがあります。

■窓ガラスのガラスクリーニング
部屋の内側の窓のガラスクリーニングを行う際は、部屋を汚さないように養生から始めるのが一般的な流れです。
窓ガラスの周辺に養生シートやビニールシートを敷き、窓ガラスが割れないように保護タオルなどを使って準備を行います。

■ガラスとサッシの清掃
窓ガラスのガラスクリーニングでは、基本的に外せる窓ガラスは外して行います。
網戸が付いている場合は網戸も外し、窓ガラスと網戸の汚れを丁寧に落としたら、サッシの清掃です。
サッシがきれいになったところで、あらかじめきれいにしておいた窓ガラスと網戸を戻します。

■最終チェック
窓ガラスを元通りにしたら、窓ガラスを洗った際の拭き残しや、落とし切れていない汚れがないかをチェックします。
また、窓ガラスを元に戻した後、サッシにも汚れがないかを再度点検するのは必須です。
サッシに窓ガラスをはめ込んで動かしたところ、汚れが付いた場合は再度サッシを掃除します。
何度か動かしてみて汚れが付かなくなれば、ガラスクリーニングは終了です。
こうした一連の流れを知っておくと、最終チェックを行い始めた時点で、そろそろ仕上げとわかりますね。

▼まとめ
ガラスクリーニングは窓ガラスを外して行うため、窓ガラスだけでなくサッシや網戸もきれいになります。
ガラスクリーニングの一連の流れを知っておくと、きちんと作業してくれていることがわかるでしょう。
弊社では、単発のガラスクリーニングから定期清掃まで承っておりますので、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 京都市のホールで光触媒コーティング(カタリスト)を施工しました

    query_builder 2021/04/19
  • ビルクリーニングとは?業務内容を紹介します

    query_builder 2021/10/15
  • 除菌清掃サービスとは?どんなものなのかを紹介します

    query_builder 2021/10/01
  • 清掃の見積もりで確認しておきたいポイント4選!

    query_builder 2021/09/22
  • 深夜にしか清掃できない場合はどうしたらいいの?

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE