Blog&column
ブログ・コラム

簡単にできる水垢の取り方とは?

query_builder 2021/08/22
コラム
28
水回りにいつの間にかついてしまう水垢を簡単に落とすには、どうしたらいいのでしょうか。
今回は、簡単にできる水垢の取り方をご紹介します。

▼水垢の取り方とその方法
水垢の取り方には、主に2つの方法があります。

■溶かして浮かす取り方
そもそも、水垢の原因は水道水です。
水道水の中には、カルシウムやマグネシウムが含まれており、水分が蒸発した後も、これらのミネラル成分は残ってしまいます。
その結果、残ったミネラル成分のかたまりが、水垢となるわけなのです。
そのため、アルカリ性のミネラルのかたまりを落とすには、アルカリ性と反対の性質を持つ酸を使います。
酸性の洗剤やお酢、あるいはクエン酸なども、水垢を溶かしてくれますので、浮き上がったら後は洗い流すだけです。
この水垢の取り方なら、すぐにでも実践できそうですね。

■削る取り方
水垢は何層にも固まってこびりついていきますので、時には溶かして浮かし取ることができない場合もあります。
そんな時は、削る取り方がいいでしょう。
水垢は層になって固まるものの、それほど強度があるわけではありません。
ですので、優しくこするようにして削り取ると、取れてきます。
その際に用いるのが台所用クレンザーで、スポンジに含ませて円を描くようにしながら、水垢をこするのがコツです。

▼まとめ
こびりついた水垢も、意外と簡単な取り方があることがわかりました。
ただ、広範囲に水垢が付いている場合は、専門業者に依頼するのがおすすめです。
特に窓ガラスの水垢は、安全面も考える必要があります。
弊社は高所での水垢除去はもちろん、定期清掃も承っておりますので、お気軽にご相談ください。

NEW

  • 京都市のホールで光触媒コーティング(カタリスト)を施工しました

    query_builder 2021/04/19
  • ビルクリーニングとは?業務内容を紹介します

    query_builder 2021/10/15
  • 除菌清掃サービスとは?どんなものなのかを紹介します

    query_builder 2021/10/01
  • 清掃の見積もりで確認しておきたいポイント4選!

    query_builder 2021/09/22
  • 深夜にしか清掃できない場合はどうしたらいいの?

    query_builder 2021/09/15

CATEGORY

ARCHIVE