Blog&column
ブログ・コラム

エアコンが効かない原因と対処法について

query_builder 2021/04/28
コラム
8
「エアコンをつけているのに全然温度が変わらない」という経験がある方もいるのではないでしょうか。
エアコンが効かない原因は、エアコン本体だけに問題が起きているとは限りません。
そこで今回は、エアコンが効かない原因と対処法について解説していきます。

▼ホコリやゴミが溜まっている
エアコンが効かない原因として最も多いのが、フィルターやファンにホコリやゴミが溜まっているということです。
フィルターやファンは風の通り道なので、ホコリなどが溜まるとエアコンの風を遮ってしまい、エアコンが効かなくなるのです。
最近では自動お掃除機能付きのエアコンが増えていますが、フィルターの表面しかきれいにしてくれないのでこれに全て任せるのはNGです。
定期的にフィルターやエアコン内部の掃除をして、ゴミやホコリを取り除きましょう。

▼ガス漏れ
ガス漏れは、エアコン本体から起こっている場合と室外機から起こっている場合があります。
ガス漏れの原因の多くは、エアコンを設置する際の配管の取り付けミスですが、長年使っているエアコンの場合は配管が劣化してガス漏れが起こることもあります。
ガス漏れは業者に依頼して、配管が損傷している場合は取り替えてもらい、ガスを補充してもらいましょう。

▼室外機に問題がある
室外機にゴミが入り込んでいたり、室外機の周りに物が密集していると、室外機から熱が放出されずにエアコンの効きが悪くなってしまいます。
エアコンの効きが悪くエアコン本体に問題がない場合は、室外機を調べてみましょう。

▼まとめ
エアコンが効かないという時は、エアコン本体だけでなく室外機も調べてみましょう。
こういったエアコンのトラブルを防ぐためには定期的に掃除する必要があるので、ぜひ弊社にご相談ください。

NEW

  • 京都市のホールで光触媒コーティング(カタリスト)を施工しました

    query_builder 2021/04/19
  • 深夜にしか清掃できない場合はどうしたらいいの?

    query_builder 2021/09/15
  • 簡単にできる水垢の取り方とは?

    query_builder 2021/08/22

CATEGORY

ARCHIVE